ナウティスニュース

アマゾンは「ルンバ」のアイロボットの買収で、世界中の家庭の“地図”を手に入れる

 2022/08/07  引用元:WIRED.jp  続きを読む
2022/08/07、『WIRED.jp』が報じたこのニュースに75件のコメントが寄せられ話題になっています(2022/09/27 20:17現在)。
記事公開から1カ月以上経過していますが最新のコメントは2022年9月5日に寄せられています。 また、「アマゾン」「アイロボット」「Amazon」などの企業・マーケット情報などについて言及しているコメントがあります。一定の時間が経ったこのニュースに22日前にコメントが付けられている状況で比較的最近も関心を集めているようです。

あなたはこのニュースについてどう思いますか? 関連する最近のニュースを知りたい場合は 「アイロボット」 「ルンバ」 「買収」 で検索可能です。

一緒につぶやかれている企業・マーケット情報

アイロボット123 アマゾン125 Amazon13 Apple1 FT1 Google1
いま話題の企業・マーケット情報

みんなの反応・コメント   75件

おすすめ順 | 新着順
melchior_kk 8月7日 23:23
Amazonがルンバのアイロボットを 買収するというニュースがww 記事にもあるようにこれが了承されると 世界中の家の地図がAmazonの手に(^^ゞ スマホはGoogle・Appleが持って 家の地図がAmazonとか ますますGAFAMに 色んなものを握られる 時代になって来たと改めてww
渡邊 建 l ラクスル・ダンボールワン 8月7日 8:46
Amazonによるルンバの買収、PFのコンテンツの囲い込みとかじゃないよなーと思ってたらこれか。記事には監視と書いてあるが、まあ顧客情報取得の深化・拡大。 via
佐々木俊尚 8月9日 8:06
住宅の間取りがすべてアマゾンの手中に。「アマゾンは人々の自宅で何が起きているのかをさまざまな角度から把握できるようになる可能性がある」とWired記事。/
異世界ハムさん? 8月7日 9:14
情報取られるのがイヤなのでAlexaをはじめスマートスピーカーは使わずに来たんだが、次はルンバかぁ。Ankerかどこかの掃除機に切り替えだなぁ。
きんぞー | 裏方YouTuber 8月7日 9:17
AmazonがiRobotを買収した件、これみてなるほど〜って思った。 個人データを抜き取られるけど生活が便利になるって、抵抗ありそうやけど意外と普通にしてることが多い🕊
Jolokia 9月5日 18:57
アマゾンに17億ドルで買収されるアイロボット。ルンバでユーザーの部屋の間取りデータを収集し学習することで、AIを活用した生活をより快適なものとするそうで、本当にすごい。
てて?? 8月17日 8:33
Amazonが家電カテゴリ強化でルンバを買収したと額面通りに受け止めたあなた🙅‍♀️疑問に思った人はセンスあり🙆その疑問について調べた人は💮💯です 同社の正体は“監視企業”ですからね。購買履歴からあなたのパーソナルデータは既に丸裸☝️実に面白い🤔
世界四季報 8月7日 16:33
アマゾンが「ルンバ」のアイロボットを買収した狙いとは? 「アマゾンはネット販売の企業と思われがちですが、実際のところは“監視企業”です。監視こそアマゾンのビジネスモデルの核であり、それにより市場を強力に独占し、圧倒的な利益を得ています」
paravola 8月25日 13:11
「アマゾンはネット販売の企業と思われがちですが、実際のところは“監視企業”です。監視こそアマゾンのビジネスモデルの核であり、それにより市場を強力に独占し、圧倒的な利益を得ています」 / “アマゾンは「ルンバ」のアイロボットの買収で、世界中の家…”
石原順(西山孝四郎) 8月7日 18:34
アマゾンが「ルンバ」のアイロボットを買収した狙いとは?
吉見憲二 8月7日 14:37
「アイロボットの買収が承認されれば、アマゾンはAstroが一般家庭に浸透するまで“祈る”ことなく、多数の家庭からの間取りのデータを瞬時に手にできることになるだろう」 ルンバが間取りデータを取得していることは講義でも紹介しましたが、アマゾンはそこに着目したようです。
バフェット・コード 8月7日 10:39
Amazonによるルンバ買収の狙いは、単なる家電カテゴリの強化ではなく、家庭の間取りを把握することにあるという話。実に興味深い。 間取りから逆算して家電を売るという観測もありますが、間取り×家族構成で不動産領域もあり得ますね。
takuji.eth 8月7日 10:57
「アイロボットの最高経営責任者…は17年のロイターによる取材に対し…間取りのデータをスマート家電やAIアシスタントを手がけるテック企業と共有する可能性を示唆」
まっつん(T) 8月7日 19:03
ちなみに関係ない話でもないですが、今飲食店で導入されてる配膳ロボット。LiDAR使って飲食店内の地図作ってます。で、メーカーはほぼ中国。なにが言いたいかは…わかるよね。
岩井隆浩 8月7日 10:47
Amazonがルンバ買収 家庭の間取りデータを収集。 間取り&家族構成および購入履歴で不動産領域もありえるとの、、
Umwerlin 8月7日 21:38
注力するのは家庭の監視とセキュリティであると説明している。 エネルギーデータもほぼ手中に収めてるとは思いますが、強化してくるでしょう。ルンバが間取りデータを共有する可能性を示したときは真っ先にアマゾンを考えたし、批判もしましたが買収されては…。
ないとばーど@noteはじめました 8月9日 13:25
そうなるよね。大事なものがある部屋へは立ち入らせないとしても、形状からここに部屋がありそうと推察できるし、家の中も安全ではなくなるのか🤔
シント 8月8日 15:56
データ利用の観点だと楽しそうだなぁと感じるけれど、今までの検索や閲覧履歴 リコメンドにはなかった不気味さを感じる人が増えそうな気もする
秀の介??@柏 8月8日 11:15
「まだ断言はできないが、この買収に対して米連邦取引委員会が待ったをかける可能性がある」って。そのほうが良いかも。
ふみふみ| 40代ITリスキリング 8月7日 18:15
amazonのiRobot買収の目的が 自動掃除機ルンバでの 家庭の”地図”データの取得だった とか陰謀論っぽいけど そのうち あなたえのオススメで 配置ぴったりな家具提案してきたりして
傀儡師?Pf?Pf?M 8月16日 18:38
間取りを把握してMAPデータ作成できるのはハイエンドだけで、うちみたいなミドルレンジはおバカでイラつくことが多いけど間取りはお漏らししてないはず

全てのコメントを読む

関連キーワード

アイロボット   ルンバ   買収  

おすすめ情報

話題の最新ニュースをチェック