ナウティスニュース

【解説】楽天・三木谷浩史はなぜ「初の契約減」でも強気なのか

 2022/08/10  引用元:NewsPicks  続きを読む
>>NewsPicksの他のニュースを見る
2022/08/10、『NewsPicks』が報じたこのニュースに11件のコメントが寄せられています(2022/09/27 19:33現在)。
記事公開から1カ月以上経過していますが最新のコメントは2022年8月13日に寄せられています。 また、「楽天」「キャリア」「ソフトバンク」などの企業・マーケット情報などについて言及しているコメントがあります。一定の時間が経ったこのニュースに1カ月前にコメントが付けられている状況です。

あなたはこのニュースについてどう思いますか? 関連する最近のニュースを知りたい場合は 「三木谷浩史」 「契約減」 「楽天」 で検索可能です。

一緒につぶやかれている企業・マーケット情報

キャリア1 ソフトバンク1 楽天14 高速1
いま話題の企業・マーケット情報

みんなの反応・コメント   11件

おすすめ順 | 新着順
吉永和貴 | メルプ•イシヤク 8月12日 18:18
今年4月末には500万件を超えていた自社回線の契約数は、6月末時点で477万件だった。つまり、約23万件減少した形で、これは全体の5%に当たる。 有料化による解約率、思ったより少ないな /
ピンキー??新規事業の何でも屋??? 8月12日 8:14
3回線3キャリア持ちから0円プラン廃止に伴い楽天モバイルを解約。一台目として持つにはまだまだ通信が不安定でテザリング用途だと厳しい。有料なら楽天より他の格安キャリアを選ぶ。 楽天経済圏に入る利は機能性ばかりで、カスタマーサクセスが弱く感じる。
田端秀章?公式アカウント 8月11日 6:14
0円ユーザは減ればその分コストが減るだけなので、楽天としてもメリット。 22万契約の減は、数としては大きいですが、まだ500万以上の契約が残っているので御の字なのでしょう。 /
NewsPicks [ニューズピックス] 8月11日 14:00
「これまでずっと赤字を拡大し続けてきたモバイル事業について、赤字幅が初めて縮小した一方で、順調に増やしてきた契約数もまた、初めて減少した」 楽天のモバイル事業は、現在どういう状態で、これからどうなるのか。三木谷社長が決算会見で語った最新情報を分析👇
Taichi 8月11日 18:50
今後も基地局の設備投資を続けるみたいだけど、そうこうしてる間に衛星通信事業が発達してきそう….😣 Starlinkみたいな衛生通信網が日本でも利用可能となったら、現在の形で楽天モバイルが...
Toru Ashikawa 8月11日 8:40
楽天モバイル使用してますが、 他の格安SIMにするより確実に安定してるし。 何より料金がやすい。固定費で10000万は安くなる。 もちろん大手3社も安価プランを出したが 楽天モバイルには及ばない。 通信の品質向上は行...
清水勝彦 8月11日 6:15
ソフトバンクが高速インターネットを普及させてYahooの収益を上げた手法と重なって見えます。その意味で、角度としては高いと思いますが、ホリエさんが以前指摘していたようにモバイルに「全賭け」のリスクは...
遠田幹雄@中小企業診断士 どもども 8月12日 10:57
楽天モバイルのユーザーが減少していますが、楽天の株はそれほど低下していないですね。赤字が底を打ったからかな。 事業展開としてはこれから期待ですが、楽天モバイルユーザーとしては微妙ですね。
株吉 8月12日 21:32
今年4月末500万件 6月末時点で477万件 つまりたったの5%減 有料化による解約率、思ったより少ないな /
Sugib?️ 8月11日 8:39
銀行も証券も2桁成長を続けるも、意外と全体に占める割合は少ないと言った感じ⁉︎ /
若狭 烈 8月13日 17:02
モバイルを起点に新規ユーザーを獲得して、そのまま楽天経済圏へ囲い込むという戦略

関連キーワード

三木谷浩史   契約減   楽天  

おすすめ情報

話題の最新ニュースをチェック